健康経営推進に向けた健康イベントの「事例」や「制度」を紹介!メリットや注意点も解説

「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践する経営手法の1つです。従業員等への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながると期待され、多くの企業で積極的に推進されています。 今回は健康経営の目的やに取り組むメリットの解説に加え、健康経営を推進するための方法の1つである「健康イベント」の事例や実践方法、各企業が取り組むユニークな制度等も紹介します。

健康経営に取り組む5つのメリット

健康経営ののメリットは、社員の健康維持や増進だけではありません。企業にとってもプラスになる点が多くあります。健康経営に取り組むことで企業が得られる代表的なメリットをは下記に5つ挙げます。次の5つです。

労働生産性の向上につながる

前述のとおり、健康経営はは労働従業員の生産性を向上させますにつながります。
従業員。社員の心身の健康は仕事への意欲や効率性、集中力にも直結しており、効率を左右するものです。仕事においての良いパフォーマンスにつながってきます。

一方で従業員の心身の健康状態が低い組織を見ると、従業員の集中力欠如やモチベーションの低下、欠勤率の上昇といった傾向がみられ、結果として生産性が落ちてしまっているケースが多く見受けられます。

健康経営を実践することによって、によって健康な従業員社員が増えれば、その分だけ生産性がアップし、企業としては業績向上につながることが期待できます。欠勤率や離職率の低下につながり、その結果として労働生産性の向上につながります。労働生産性の向上には健康経営による社員の健康の維持が不可欠です。

リスクマネジメントにつながるを図れる

健康経営の実践はは、企業にとってのリスクマネジメントにもつながります。企業にとってのリスクはさまざまありますが、突然の体調不良による欠勤や心身の不調による離職などの人材不足もリスクの1つです。
従業員が精神的、あるいは肉体的に不調を抱えながら働いている場合、勤務中や通勤中の事故発生や業務中に突然の病気で倒れてしまう等のリスクが高まります。
その結果として、企業側は突然の欠員による人員不足が発生したり、病気やケガが労災の扱いとなって医療費を企業側が負担するといった可能性がでてきます。さらには、企業の安全配慮義務違反などに問われるケースもあります。

健康経営を取り入れることで、従業員の健康状況の把握に繋がり、事故や病気の発生を未然に防ぐことが可能になります。さらには長時間労働の是正につながるなど、リスクマネジメントの観点でも大きなメリットがあります。人材を失うことは企業の生産性を低下させ、その結果として売上や利益の低下につながります。リスクマネジメントの観点でも、健康経営は重要な役割を果たすのです。

企業のブランド力の向上

積極的な健康経営の実践実施は、企業のブランド力の向上にもつながります。社員の健康維持や推進への取り組みが認められると「健康経営優良法人」として顕彰されます。
2017年度から開始された経済産業省の「健康経営優良法人」は、健康経営を積極的に推進する企業を認定する制度です。
健康経営優良法人の認定を受けることができれば、健康経営を積極的に実践する企業として社会的な評価を受けることが期待できます。

その結果、例えば金融機関からの低金利での融資を受けることできたり、株主や取引先からの評価が高まれば、将来的な株価上昇といった期待もでき、企業のブランド力の向上へとつながります。

人材確保の面からみると、これは社会的に「社員の健康維持に努めている企業である」と評価された証であり、企業としての良いイメージを与えるものです。求職者からはら見ても「従業員の健康増進維持にしっかり取り組んでいる企業」という安心感があり、就職希望者の増加にもつながるといったメリットもあります。ります。優秀な人材の確保の観点でも、健康経営に期待できます。

企業全体の医療費の削減

健康経営は企業の医療費の削減負担軽減にもつながります。体調不良の従業員社員が増えると、企業の治療費負担はその分大きくなり、経営への影響も否めません。

しかし健康経営に取り組み、従業員社員の健康維持・増進を維持が実現できれば、医療費の負担は抑えることができます。削減できた医療費は他の投資に回すことができ、経営観点でも大きなメリットとなるでしょう。

離職率の低下

健康経営に取り組むことにより、離職率の低下も健康経営によって目指せます。健康経営は従業員社員の体調管理だけでなく、健康な状態で働くための労働環境づくりも含まれます。

多くの社員従業員にとって働きやすい労働環境になれば、おのずと離職や休職をする社員も減少するでしょう。離職率の低下・従業員の定着は、企業にとって大きなメリットの1つです。

「健康イベント」の事例とやり方

健康経営を実践することで、前述したように多くのメリットがあることがわかりましたが、実際にどのように進めるのが良いのでしょうか。
健康経営の1つの取り組み方法として、従業員社員が身体を動かしながら参加する「健康イベント」があります。の
実施がおすすめです。健康イベントを行う目的は、従業員社員が楽しみながら参加ができ、の健康的な生活への意識付けをすることにあります。ここでは健康イベントの事例とその実施方法やり方について紹介します。
また、健康への取り組みをイベントではなく制度として導入している企業も多数ありますので、ユニークな制度についても併せて紹介します。

運動負荷が低めの「ウォーキングイベント」

運動を伴う健康イベントのなかでも、比較的運動負荷が低い「ウォーキングイベント」は、年齢や性別を問わず、運動が苦手な人でも参加しやすいこともあり、企業の健康イベントには取り入れやすいものとなっていますすいでしょう。ウォーキングには、ダイエット効果や丈夫な身体づくりといった効果に加え、生活習慣病を予防する効果、ストレス解消といったメンタル面でもプラスの効果が期待できます。があります。

ウォーキングは日常的な運動としても取り入れやすく、イベント後にも継続しやすい点も特徴です。イベント時はただ歩くだけではなく、チームを組んで対戦形式としたり、景品を設けたりするなど、従業員の参加意欲が上がるアップする方法を検討するとよいでしょう。

社内で開催できる「ヨガ・ストレッチイベント」

ヨガ・ストレッチによる健康イベントは、健康の維持や増進、ダイエット、美容などの効果が期待できます。またヨガは心の緊張をほぐし整える効果もありぐす効果もあり、業務における集中力向上が期待できます。アップにつながるでしょう。女性が行うイメージの強いヨガですが、ヨガやストレッチを行った後の効果やメリットをしっかり説明し、男性従業員も積極的に参加するよう呼びかけをすると良いでしょう。社内でのイベントとすれば男性でも参加しやすくなります。

ヨガ・ストレッチイベントを企画する際は、講師となるインストラクターを派遣依頼すると、より質の高い内容での開催が可能です。
最近ではコロナ禍の影響もあり、オフィスでの実施が難しいケースもあるため、オンラインにてヨガ・ストレッチイベントを実施する企業も増えています。

集中力を強化できる「マインドフルネス」

マインドフルネスとは、いわゆる瞑想のことです。マインドフルネスを実践することで、交感神経と副交感神経のバランスが整い、ストレス軽減やリラックス効果に効果があるといわれています。その結果、良質な眠りがへとつながりとれるため、疲労感の回復にも効果があります。

日中に働きすぎた脳を休ませるのも、健康維持においては大切です。マインドフルネスであれば、特に会場や道具などを用意する必要もなく、スーツ姿のままでも気軽に実施できます。また1人でも取り組める点もメリットの1つです。

ストレス社会と呼ばれる現代では、多くの企業でマインドフルネスを取り入れています。健康イベントでも、メンタル面へのケアとしてマインドフルネスを実施してみてはいかがでしょうか。いかがでしたでしょうか。

企業が取り組むユニークな健康増進制度の事例紹介

従業員社員への健康の健康への意識づけをするために、各企業ではオリジナリティのあるイベントが開催されています。イベントの実施だけでなく、自社の制度として取り入れて、健康増進を進めている企業もあります。

たとえばたとえばあるIT企業では、「自転車通勤推奨制度」があります。従業員が自転車を使って通勤する場合、企業が確保した駐輪場を利用することができ、損害賠償責任保険を企業側に費用負担してもらえるといったメリットがあります。また、半径5メートル以内の居住であれば、月2万円の近距離通勤手当の支給もあります。同社では半数近くの従業員がこの制度を利用し、健康的に通勤をしています。がつくというものです。

また「グラム売りダイエット」という制度企画を取り入れている実施する企業もあります。希望者が社内でダイエット宣言をするとをした人が、1g=1円から会社が体重を買い取ってくれる制度です。毎月20日に体重測定日があり、減った分を金額算出されて、手当として支給されます。健康のために本気でダイエットに取り組みたい従業員等にはこのように楽しみながら取り組める制度も効果的でしょう。月ごとに体重を測定し、減らせた体重分の手当てをもらえるというものです。

これらの企業では、健康イベントという形ではなく、健康増進の施策として制度を策定し、実践している例となります。

自社の従業員がどのような制度や取り組みであれば楽しみながら積極的に参加できるか等を検討し、日常的に取り組めるようなものであれば、制度として導入することもお勧めです。
このように健康イベントにはさまざまな方法があります。自社でも健康イベントにより多くの社員に参加してもらうためにも、楽しんで取り組めるような内容を考案していきましょう。

企業で健康イベントを実施する際の注意点

健康イベントをの実施するににあたり当たり、注意するべき点もいくつかあります。ここでは代表的な23つの注意点を解説します。注意点についてみていきましょう。

・投資効果が見えにくい

健康イベントの実施にあたっては、その内容によってコストが発生することもあり、ある程度の投資が必要となりますです。しかし投資をしてもすぐに費用対効果が見えるわけではなく、直接の効果は見えづらく、企業として実施や継続のの判断に迷うかもしれません。

しかし社員従業員の長期的な健康維持・増進は、前述したとおり、労働生産性の向上や医療費削減などいずれも長期的に取り組むことで効果につながることが多くあります。健康イベント実施による効果を短期で求めすぎず、売上や利益につながるものばかりです。健康イベントにすぐに結果を求めず、長期視点での投資であることを理解しておきましょう。

・従業員の参加率が低い社員側の手間がかかる

健康イベントを実施するには、従業員の協力や参加が欠かせません社員の協力が欠かせません。ただ、従業員の立場からすると、通常業務とは別に時間的な負担や手間が発生する可能性があり、そのために参加者が少なくなってしまうということが想定されます。よって通常業務とは別に手間や負担がかかる可能性があります。
また、健康意識が低い従業員が多いとイベントの参加率自体が下がり、イベントの継続自体が難しくなってしまうこともあります。

その対策として企業側から従業員に対して、健康イベント自体がどのような目的で行われるものか、どのような効果が期待できるかといった内容の事前周知をしっかりと行い、参加する従業員が明確に意図や目的を理解できるようにしましょう。企業側が社員に対して有意義な内容であると周知し、健康イベントを実施する意図や目的を明確に伝えるようにしましょう。
また、従業員の参加率を上げるためにポイント制や景品の提供などを行うことも有効ですし、周囲の従業員に知られたくないと感じる方も一定数いるため、匿名でも参加できるように配慮をすると参加率向上につながりやすくなるでしょう。

「健康イベント」の事例とやり方を知って実践しよう!

ここまで健康経営の1つの取り組み方法である健康イベントの事例や実践方法について紹介しました。企業は健康イベントを通して、従業員社員の健康への意識を高めていくことが大切です。

健康経営は従業員社員だけでなく、企業側にとっても生産性や企業イメージの向上など、大きなメリットを生み出します。その取り組みの1つであるとしてある健康イベントは、社員の健康的な生活への意識付けにつながるものです。

今回紹介した健康イベントの事例や実施方法やり方を参考に、自社に自分たちに合った健康イベントを実践していきましょう。