健康経営アドバイザー・エキスパートアドバイザーの概要や取得方法を解説

医者が親指を立てているところ

健康経営を効率的に実践し、求める成果をより早期に獲得するためには、従事する人材が持ち合わせる知識や経験の程度も重要です。


そのため、「これから健康経営に本腰を入れたい」「今年度は成果にコミットしたい」という企業担当者の方には、健康経営を構造的に学べる健康経営アドバイザーや、より実務に即した学びが得られる健康経営エキスパートアドバイザー認定の取得をおすすめします。

本記事では、健康経営アドバイザーの概要について解説します。

紙やエクセルでの健康データ管理から脱却!

クラウド健康管理システム「WELSA」なら、健康データをペーパーレス化して一元管理。煩雑な健康管理業務をカンタンに。
「WELSA」公式サイトへアクセスして、今すぐ資料を無料ダウンロード

健康経営アドバイザーとは経産省・東京商工会議所創設の制度により認定された人物

健康経営アドバイザーとは、健康経営の適切な普及と実施を促す人物です。2016年、経済産業省の委託により東京商工会議所が創設した研修プログラムを受講し、規定の成績を残した人物が認定されます。

受講資格がなく、効果測定のクリアで認定されるため、いわば「受講すれば誰でも取得できる認定資格」です。健康経営に携わりたい多くのビジネスパーソンに門戸を広げている認定制度と言えるでしょう。

健康経営の実現を目指す企業へ適切なサポートを行う健康経営の推進者として、令和2年には14,777人、制度創設以来累計で5万人以上の研修受講者を輩出しています。

健康経営アドバイザーは汎用性が高い認定資格

健康経営アドバイザーの認定資格は汎用性が高く、活用シーンや人を限定しません。たとえば、以下のようなケースでの活用が考えられます。

・自社で健康経営の推進を本格化したい経営者や人事労務担当者
・社員研修で活用したい経営者や人事労務担当者
・顧客へ付加価値を提供したい法人営業担当者
・健康経営を生かした新規サービス展開を目指す各専門家

より高度な支援を行う健康経営エキスパートアドバイザー制度も誕生

2018年には、より実践的で効果的な健康経営のサポートを担う、健康経営エキスパートアドバイザーを輩出する制度も創設されました。

健康経営の普及や取り組みの推進を担う健康経営アドバイザーの一方、健康経営エキスパートアドバイザーは、課題のあぶり出しから改善策や戦略の提案、PDCAサイクルの支援まで、携わる領域が格段に広がります。

そのため、求められる専門レベルは高度です。明確な受講資格の設定やテスト、ワークショップへの参加が課されているため、健康経営アドバイザーと同じ心持ちで挑んでは少々厳しいでしょう。健康経営の実践支援者としての手腕が問われます。

健康経営エキスパートアドバイザーの需要は高まっており、平成30年には223人だった認定者が、令和3年には1,303人にまで増加している状況です。

wpsam04

健康経営優良法人の認定基準解説資料!

★こんな方におすすめ★
健康経営を実施したいが何から着手すべきかわからない
法人における認定要件についての違いが知りたい
健康経営優良法人の評価項目をクリアすべきポイントを知りたい

健康経営エキスパートアドバイザーは高い応用力で活躍の場がぐっと広がる

健康経営エキスパートアドバイザー認定は、健康経営アドバイザーよりも深い見識が必要なシーンで求められるでしょう。健康経営の専門家として、以下のような活躍が期待できます。

・自社内で健康経営を先導する
・普及、推進を目的とするセミナーの講師
・健康経営専門のコンサルタント
・ヘルスケア関連の製品、サービスの提供者

健康経営アドバイザー認定資格の取得方法

ここからは、健康経営アドバイザー認定資格にまつわる詳細を紹介します。

研修プログラムのカリキュラム

研修は、以下のカリキュラムで進められます。認定者として、健康経営の普及、推進活動に必要な知識が幅広くカバーされた構成です。

・健康経営への関心が高まる背景
・健康経営に取り組むメリット
・取り組み実践の基礎
・健康経営の評価制度
・実際の企業においての取り組み事例

認定資格取得までの流れ

以下のようなプロセスを経て、認定資格取得となります。

1. 「CBT-solutions」のホームページから受験者登録
2. 健康経営アドバイザー申込手続きを完了
3. 受験料の支払をもって申込完了、1週間以内に指定住所にテキストが到着
4. 「CBT-solutions」のマイページから動画視聴にて学習開始
5. すべての動画視聴後、マイページから効果測定の実施
6. 健康経営アドバイザーとして認定
  以後、マイページから修了証の発行が可能

認定資格の概要

健康経営アドバイザー認定資格の概要は、以下の通りです。

■受講形式
eラーニング(パソコン・スマートフォン・タブレット)

■受講資格
特になし

■申込み方法
「CBT-solutions」のホームページから申込みが可能です。

■申込受付期間
随時

■費用
8,800円(税込)
研修や試験にかかわる費用も含む

■認定要件
効果測定で70%以上の正答
測定は何度でも可能

■認定期間
認定日より2年間
更新には研修プログラムの再受講が必要

健康経営エキスパートアドバイザー認定資格の取得方法

つづいて、健康経営エキスパートアドバイザーの詳細を紹介します。

研修プログラムのカリキュラム

研修では、以下の内容を学びます。健康経営アドバイザーで得た基礎知識をもとに、現場での実務に対応できる実践的な内容を網羅しています。

・健康経営の応用知識
(企業で生じる健康課題や原因、具体的な取り組み方法、業種・職種別の特性)

・健康経営の実践支援に必要な助言・提案力
(課題抽出、具体的取り組み方法の提案、実践計画作成、PDCA支援)

認定資格取得までの流れ

認定を受けるには、知識確認テストとワークショップの2つをクリアする必要があります。

1. 知識確認テストに申込み
2. 郵送されるテキストを受け取り自己学習
3. 申込時に選択した会場にてテストを受験
4. 合格者に届く案内よりワークショップに申込み
5. ワークショップ、効果測定の実施
6. 健康経営アドバイザーとして認定

認定資格の概要

健康経営エキスパートアドバイザー認定資格の概要は、以下の通りです。

■受講形式
・知識確認テスト:テストセンターでのオンライン受験(全国260ヵ所)
・ワークショップ:東京、大阪などの会場

■受講資格
1. 健康経営アドバイザー認定者
2. 以下有資格者、または実務経験者(概ね1年以上)

【有資格者】
・中小企業診断士
・社会保険労務士
・医師
・看護師
・保健師
・管理栄養士
・健康運動指導士
・労働衛生コンサルタント

【実務経験者】
・健康、医療、保健
・経営、人事労務
・健康経営

■申込み方法
東京商工会議所のホームページより申込みが可能です。

■申込受付期間
2021年実施の知識確認テストは、以下日程で申込みを受け付けています。
2021年10月19日(火)13時~2021年11月28日(日)
来年以降の日程は、現状未発表です。

■費用
・知識確認テスト(テキスト無):5,500円(税込)
・知識確認テスト(テキスト有):7,700円(税込)
・ワークショップ:22,000円(税込)

■認定要件
知識確認テスト、効果測定ともに、80%以上の正答(多肢選択式、50問、90分間)

■認定期間
認定日より2年間(同時に、健康経営アドバイザーとしても認定)
更新は別途手続きが必要

健康経営アドバイザー・健康経営エキスパートアドバイザー認定資格のメリット

男女がプレゼンテーションをしているところ

各認定を受けると、さまざまなメリットを享受できます。主なメリットを4点紹介します。

健康経営に関する正しい知識が身につく

認定資格を取得する課程で、健康経営に関する適切な知識が蓄積されるでしょう。

健康経営アドバイザー、健康経営エキスパートアドバイザーともに、研修参加が必須です。健康経営アドバイザーは基礎知識を、健康経営エキスパートアドバイザーは実務に通用する実践的な知識を体系的に学べます。

認定証の発行や名刺への記載により対外に証明できる

認定者は、認定証発行や名刺、ホームページなど各所への肩書きの明記により、自身が健康経営の見識者であることを証明できます。

健康経営エキスパートアドバイザーに至っては、東京商工会議所の認定者一覧へ掲載してもらうことも可能です。

健康経営の取り組みを先導する上で従業員からの信頼が得やすい

自社内で健康経営を推進するにあたり、認定者となることは従業員からの信頼感の獲得につながるでしょう。

何らかの新しい試みを実行するときには、多かれ少なかれ摩擦が生じるものです。しかし、健康経営の適切な知識を持つ認定者の言動には、説得力が生まれやすくなります。

そのため、従業員の受け入れ体制も比較的スムーズに整い、協力的な空気感を創出できるでしょう。

クライアントや株主に安心感を提供しイメージアップが図れる

自社に認定者が在籍していることで、健康経営推進企業としての安心感を与え、企業イメージのアップも期待できます。

健康経営を推進すると言っても、健康経営アドバイザーや健康経営エキスパートアドバイザーを、内部の人材で設置する企業は、そう多くないのが実情でしょう。健康経営の重要さが叫ばれる現代においては、ポジティブな要素として認識してもらえるはずです。

認定者の存在が健康経営の推進力を底上げし成果にコミットする契機となる

健康経営アドバイザー、健康経営エキスパートアドバイザーといった専門家の存在は、自社の健康経営推進にポジティブな効果をもたらします。根拠に基づき筋道を立てた取り組みを先導できるため、行き当たりばったりで時間を浪費したり、従業員を混乱させたりといった事態は招きません。

健康経営アドバイザーはどなたでも気軽に受講できるため、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

産業保健業務をカンタンに!
健康管理システム「WELSA」なら、バラバラに管理されている社員の健康診断結果をデータで管理。ファイリングの手間や紛失リスクを回避し、必要な情報を即時に検索・表示可能にします。
資料ダウンロードはこちら

健康管理の業務効率化を
検討されている企業様へ

  • 資料ダウンロード

    健康管理システムWELSAの特長や活用方法についてご紹介します。

    資料ダウンロード
  • お問い合わせ

    WELSAに関するご相談やご不明点はお気軽にお問い合わせください。

    お問い合わせ