サービス概要

WELSAのサービス概要は以下となります。

Step 1:データ収集・管理

健康診断やストレスチェックの実施、勤怠情報、面接結果などをWeb上で一元管理することができます。
紙の健診結果もデータ化し、管理が可能です。
また、経年データの閲覧や抽出、グラフでの視覚化など必要とされる機能はほぼすべて搭載されています。
さらに、人事管理画面、産業医管理画面など役割に応じて、権限設定が可能です。

Step 2:分析・予測

<健康リスク分析>
生産性につながる「メンタル」と「フィジカル」の両面から「健康リスク」を評価。
全社状況の把握や組織別、拠点等の属性別、経年変化や基準値との比較などにより、健康課題を抱えた組織やその要因の把握、早期発見、早期対策が容易になります。

※この分析手法は研究発表「健康経営の枠組みによる健康課題の見える化」経済産業省・健康寿命延伸産業創出推進事業「健康経営評価指標の策定・活用事業」(東京大学政策ビジョン研究センター 健康経営研究ユニット)によるものです。

<重大疾病リスク予測>
健康診断、生活習慣の結果をもとに、各種がん、糖尿病、脳梗塞などの重大疾病の10年以内の発症リスクを計算。
全社の傾向把握、リスクの高い従業員の把握、従業員への意識向上が可能です。

※このプログラムは、40代以上の従業員が対象です。
※このプログラムは、国立がん研究センター「多目的コホート研究に基づくがん等生活習慣病リスクを計算するアルゴリズム」、及び、国立国際医療研究センター「糖尿病の発症リスクを計算するアルゴリズム」を基にしています。

<ストレスチェック分析>
ストレスチェックは職業性ストレス簡易調査票57問と新職業性ストレス簡易調査票80問を用意。さらにプレゼンティズム調査、エンゲージメント調査、ハラスメント調査なども追加対応可能。オリジナルの自由質問も追加対応可能です。

Step 3:施策提案・実行

各アカデミアの研究に基づく分析・予測で抽出された各従業員および全社の課題に対して、各分野のプロフェッショナルが、セミナーや改善プログラム等、具体的なソリューションを提供し従業員の健康増進をサポートます。
貴社の「健康経営」実現に向けて、具体的なアクションプランにも繋がります。

WELSA健康増進プログラムについてはこちら