【WELSAホワイトペーパー お役立ち情報シリーズ】
健康経営の実現から得られるメリットとは?

資料概要

健康経営とは、1990年代のアメリカに起源のある考え方です。
保険制度が確立していないアメリカでは医療費が高く、健康を害す社員が多ければ多いほど医療費にかかる会社の負担が増加し、企業経営に大きな影響を与えることになるという問題を抱えています。
そのため、社員の健康意地や促進に対して、中長期的に投資することが企業の経営にとっても大きな利益になると考え、健康経営という概念が生まれたのです。現在、日本ではこの健康経営について経済産業省が推奨し、国を挙げて普及に向けた啓発活動を行っています。

少子齢化社会による人材不足、企業が負担する医療費の増加等の様々な課題の打ち手として、
健康経営のメリットや実施するうえで必要なことを中心に本記事では解説していきます。

こんな方におすすめ

・健康経営に興味がある
・実施したいが健康経営をすることでメリットや効果が知りたい。
・どのように社員に浸透していけばいいかわからない方
…など

資料内容

1.健康経営とは?
2.健康経営がもたらすメリット
3.健康経営をするべき会社
4.健康経営をする上で必要なこと
5.健康経営ワークライフバランス
6.健康経営の実施
7.健康経営で売り上げを伸ばそう
8.健康経営支援サービスのご紹介

<本件に関するお問い合わせ>

 インフォコム株式会社 オープンイノベーションセンター
  welsa@infocom.co.jp