お役立ち情報カテゴリー: 健康管理

男女がディスカッションしているところ

コロナ禍における産業保健活動の問題点とニューノーマル時代の体制作り

流行から1年以上が経過した今も、終息の兆しが見えない新型コロナウィルス。 リモートワークや時差出勤など、従来と一変した勤務スタイルが継続される中、従業員の健康管理手法が定まらず、お悩みの産業保健スタッフもいらっしゃること …

コロナ禍における産業保健活動の問題点とニューノーマル時代の体制作り もっと読む »

女性が運動しているところ

コロナ禍における従業員の健康課題と企業に求められる健康保持増進活動

新型コロナウィルス流行の長期化により、従業員の健康管理手法は通用しづらくなりました。世の中の情勢を見ても、「いずれ世の中は元通りになる」という期待よりも、Withコロナ・Afterコロナを前提とする「ニューノーマル時代」 …

コロナ禍における従業員の健康課題と企業に求められる健康保持増進活動 もっと読む »

診断書を会社に提出するのは義務?費用負担や提出するタイミングは?

従業員が体調を崩して会社を休むときに、診断書の提出を義務付けるかどうかは迷うところです。仮に診断書の提出を義務付ける場合は、費用は誰が負担すべきなのか、提出に応じない従業員の扱いをどうするかなども考えておかなければなりま …

診断書を会社に提出するのは義務?費用負担や提出するタイミングは? もっと読む »

産休・育休の制度概要と実務~休業中の職員への適切な対応方法とは

従業員が産休・育休制度を利用する際、人事担当者や所属長などの管理責任者には個々の従業員の状況にあわせた適切な対応が求められます。制度の対象者や休業中の給付金など法律の規定を理解するだけでなく、実務では妊娠中や子育て中の従 …

産休・育休の制度概要と実務~休業中の職員への適切な対応方法とは もっと読む »

2021年春の主要法改正まとめ~人事労務担当者が押さえるべき変更点を解説

2021年3月から4月にかけて従業員の雇用にかかわる複数の法律で改正法の施行等が行われました。人事労務担当者が把握しておくべき2021年春の主要な法改正は次の5つです。 【2021年春の主要法改正】  ●障害者雇用促進法 …

2021年春の主要法改正まとめ~人事労務担当者が押さえるべき変更点を解説 もっと読む »

人事が復職を判断する基準は?休職や復職に必要な手続きや注意すべきポイントとは

病気やケガなどさまざまな理由で休職中の従業員が仕事を再開させる場合には、企業は復職に向けての手続きを行わないといけません。ただし誤ったタイミングで従業員を復職させてしまうと、従業員が再度休職してしまうことがあります。 ま …

人事が復職を判断する基準は?休職や復職に必要な手続きや注意すべきポイントとは もっと読む »

休職中の従業員の健康管理や対応はどうするべき?注意点なども紹介!

従業員がメンタルの不調や怪我などで休職中のとき、企業の人事担当者には適切な健康管理が求められます。しかし、休職者への対応は判断に迷うことも多く、特にメンタル不調が心因性の場合は、慎重になる場面もあるでしょう。 本記事では …

休職中の従業員の健康管理や対応はどうするべき?注意点なども紹介! もっと読む »

衛生委員会の目的は労働災害防止!設置基準やメンバーの役割を解説

従業員50人以上の事業所に設置が義務づけられている衛生委員会。労働災害を防止し、労働者の健康増進を図るために運営されます。委員会を構成するメンバーの過半数は労働者から選ばれ、労使一体となって労働環境の改善に取り組まなけれ …

衛生委員会の目的は労働災害防止!設置基準やメンバーの役割を解説 もっと読む »

健康管理システムで一元化&業務削減を実現!比較ポイントやメリットを解説

健康経営の重要性が叫ばれる中、「いかに従業員の健康管理を効率的に行うか」は、早急に対処したい人事課題です。 この課題の突破口として有効とされるのが、健康管理システムの導入です。 今回は、今後多くの企業で欠かせない存在とな …

健康管理システムで一元化&業務削減を実現!比較ポイントやメリットを解説 もっと読む »

在宅勤務者への健康管理に関する課題とは?具体的にアプローチしよう

新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、在宅勤務(リモートワーク、テレワーク)が長期化しています。一部の企業ではすでに在宅勤務を「スタンダード」としているところもあり、今後も増加していく見込みです。それによって、在宅 …

在宅勤務者への健康管理に関する課題とは?具体的にアプローチしよう もっと読む »